金色の鉱物

 金色の鉱物のほとんどは金ではなくて黒雲母か黄鉄鉱の場合が多い。黒雲母は花崗岩類に多く含まれており、風化して土砂になると金色になる。これらが川のなかで光ると砂金のように見える。黄鉄鉱は鉄と硫黄からできている金色の鉱物で、生成条件が広いため鉱山地域ばかりでなくあらゆる岩石に含まれているといえるため、人目に接する機会も多い。もちろん、金色に光る鉱物が本物の金であることもある。


2003.07.15 作成

投稿者: たろう

京大合格を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。