2002年10月 古くて新しい!東京駅丸の内口前

 東京ステーションホテルが入っている東京駅丸の内口。辰野金吾設計の建築として有名です。開業した1914(大正3)年はすでにコンクリート建築の時代となっていますが、辰野が慣れ親しんでいたレンガで造られています。


2002.10.30 撮影




2002.10.30 撮影
 駅向かいにある丸の内ビルディングの5階テラスより撮影した丸の内駅舎です。ちなみにこ場所で後ろを振り向き一枚撮るとこんな感じになります。


2002.10.30 撮影
 丸の内ビルディングは1999年に取り壊された旧丸ノ内ビルヂング跡地に建てられ、2002年9月6日に全面改装オープンした地上180m、37階建てのオフィスビルです。旧ビルも新ビルも三菱地所による設計・建築です。オープンの日付と撮影した日付をご覧いただくと分かりますが、オープン2カ月未満の時点でこのビルを訪問しています(ということにこの記事を書いていて初めて気付きました)
 ちなみに上の階からは皇居もよく見えカメラのレンズを向けたのですが、ビルのスタッフの方が飛んできて「皇居を撮影すると宮内庁からクレームが来るのでご遠慮ください」と言われたのを覚えています。


2002.10.30 撮影
 1階から大きく貫く吹抜がビルの中に広々とした空間を生み出しており、ここではイベント等が開催されています。


2017.10.26 作成

その他の項目

投稿者: たろう

京大進学を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。