プッシュホン回線

 プッシュホン回線は2つの音声周波数の音を組み合わせた信号を発信してダイヤルする仕組みである。この方式をDTMF(Dual Tone MultiFrequency)という。ダイヤルごとの周波数帯は図の通り。

1209Hz1336Hz1477Hz
697Hz123
770Hz456
852Hz789
951Hz*0#

 たとえば「1」を押すと、1209Hzと697Hzの音を同時に重ねて発するようになっている。

2003.08.03 作成

投稿者: たろう

京大合格を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。