光過敏性てんかん

 光が刺激となって誘発されるてんかん。反復する光で起きやすく日常生活では木漏れ日や夜間の対向車のヘッドライトなどで誘発される。テレビなどで誘発されるテレビてんかんもこれに含まれる。
 1997(平成9)年12月16日夕方放送のテレビ東京系列のアニメ『ポケットモンスター』38話「でんのうせんしポリゴン」の中で、襲ってきたミサイルを撃ち落とすためにピカチュウが雷のような「電撃」を起こしたシーンで、これを見ていた多くの視聴者がこの症状になった。このシーンでは電撃がミサイルに当たると1、2秒画面が真っ白に変化。さらに4、5秒真昼の太陽を直視したような感じの画面になった。スロービデオで再生すると赤・白・赤・白の点滅になる。


2003.08.03 作成

その他の項目

投稿者: たろう

京大進学を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。