マウス

 しっぽを持ったネズミの形に似ていることから名付けられた、パソコンになくてはならない周辺機器のひとつ。
 アメリカ・スタンフォード研究所の研究員だったダグラス・エンゲルバートが、現在のマウスの同じ仕組みの木の箱でボールを転がす装置を作り1968年に発表したのが始まり。この時エンゲルバートが発表したシステムは現在のパソコンとほとんど同じもので彼は「コンピューターの父」と呼ばれている。


2003.08.10 作成

その他の項目

投稿者: たろう

京大進学を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。