北海道への遷都論

 1990年代の首都機能の移転先として苫小牧東部地区が候補の一つとなったことがあるが、明治時代にも北海道への遷都論があった。1875(明治8)年1月20日の東京日日新聞に札幌遷都論が掲載された。静岡在住者の寄稿で「首都が札幌に移れば多数が北海道に移住し、開拓と、ロシアの領土的野心に対抗する一石二鳥の効果を期待できる」という趣旨だった。
 すかさず新潟の読者から反論があった。「札幌は北緯の高度に位置し、寒気強く、陰気盛んなり。かかる辺地への遷都論は暖国生徒の空論なり」。再反論にも発展した。東京の読者が「札幌は仏国パリの南四度に当たる。もっと北のシベリアでも人民は繁殖しており、視野を広げて論議すべし」との投書を寄せた。
 最初の論争はこれで終止符を打ったが1890(明治23)年1月23日、今度は大阪朝日新聞の論説が別な遷都論を展開した。要約すると「今の旭川を中心とする『石狩国上川郡』に離宮を設けこれを『北京』と命名する」。天皇の単なる避暑地ではなく「内地人民の移住興業の念を勧誘し、安心立名の郷とするに足る」都市機能を持たせようと呼びかけた。当時の「上川郡」は大部分が広漠たる原野だったため、無限の可能性が大胆な提案を誘ったものと思われる。


2003.08.22 作成

その他の項目

投稿者: たろう

京大進学を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。