プロ野球優勝時のビールかけ

 中世ヨーロッパでは発泡酒は身を清める力があると信じられていた。そこで全身にシャンパンをかけることが習慣となっていた。F1などの表彰式などでシャンパンをかけることはこれに由来する。
 日本でプロ野球優勝時にビールかけをするようになったのは1959(昭和34)年、南海ホークスが日本シリーズで優勝したときに行われたのが始まり。当時シャンパンは高価だったので安いビールが使われるようになったという。


2003.08.22 作成

投稿者: たろう

京大合格を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。