公国

 ヨーロッパには「公国」という形態の国家がある。モナコ公国、リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルク大公国などがあるが、そもそも公国とは「公爵等の称号を与えられ国王に仕えていた領主である貴族が、首尾よく独立して一国の主となったケース」を意味する。
 たとえばモナコ公国の場合10世紀頃からイタリア、スペイン、フランスと宗主国が次々変わり、1815年、サルディニア王国の保護下に置かれたときに公国として独立し現在に至っているし、リヒテンシュタイン公国もローマ皇帝からリヒテンシュタイン家に公国が与えられたのが国の始まりである。


2003.08.22 作成

投稿者: たろう

京大合格を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。