東インド会社

 株式会社第1号は1602年に発足した「オランダ東インド会社」だとされている。1600年にできていた「イギリス東インド会社」が株式会社になるのは60年ほど後のこと。18世紀に会社の組織が整備された「イギリス東インド会社」では株主総会が3月・6月・9月・12月と年4回開かれ、その民主的な運営ぶりは「人民評議会」と皮肉られたほどであった。200~300人の株主が取締役たちと長く激しい議論を戦わせていた。「企業は株主のもの」という考えのもと東インド会社では株主を国籍や宗教、性別などで差別しなかったという。


2003.10.06 作成

その他の項目

投稿者: たろう

京大進学を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。