アムリツァルの虐殺

 1919年4月13日、英国植民地時代のインド・ジャリアンワラ庭園で、反英集会を開いていた市民にダイヤー将軍率いる英軍のグルカ兵が機銃掃射し、死者379人、負傷者1200人を出した虐殺事件。この事件を機にインド独立の父マハトマ・ガンジーの不服従運動が広がった。


2003.10.30 作成

投稿者: たろう

京大合格を目指す学習塾教室長・40代独身。お嫁さん随時募集中。