うるう年・うるう月・うるう秒

■うるう年
 現在の暦の基本となっている「グレゴリオ暦」は、基本的には4年に一度、4の倍数となる年に「2月29日」を設けて地球の公転周期と暦の1年とのズレを修正する。「基本的に」というのは、1900年や2100年など100の倍数となる年は4の倍数の年であってもうるう年とならないためである。ただし2000年や2400年など、400の倍数となる年は例外として100の倍数の年でも2月29日を設けることになっている。 “うるう年・うるう月・うるう秒” の続きを読む