0200 北海道ほぼ一周+1 2006年GW+秋
「たろうの雑学カフェ」TOP
0203:裏・函館山観光
たろう 2006.05.08 01:10
 4月29日午後。
 我が家からほぼノンストップで車を走らせ函館市に到着。とにかく日の暮れてしまう前に函館山まで直行しました。普通なら「日が暮れてから夜景を楽しむ」というのが函館山の楽しみ方の定番なのですが、今回の目的はまったく別。
 今でこそ夜景スポットで有名な函館山ですが、位置が位置だけに戦前までは山全体が津軽海峡を防衛するための軍事要塞で、一般人の立ち入りはおろか、撮影やスケッチ、地図への記載が一切禁止されていた場所だったとか。そのため、現在でも山の各所で日露戦争時代に建造された軍事施設の名残が見られます。かつて津軽海峡に向けて設置されていた砲台の跡もあります。
 山頂の展望台から起伏の激しい山道を30分以上歩き続け、比較的保存状態の良い旧司令部跡(千畳敷司令部跡)まで行ってきました。丘の上にあるというか、丘の上をくりぬいて造られた、という感じで、その丘の上に行くまではまったく見えません。しかし、上までたどり着くと見事な廃墟が姿を現します。
 今回の写真は、その司令部跡を内側から撮影したもの。往復1時間の函館山ハイキング、疲れました。…一応ハイキングコースにはなっているんですけどね。ハイキングというような格好していませんでしたし、運動不足なので、ちょうど良い運動にはなりましたが。
 そして、夜景も見ずに函館山を下山。夕食も函館名物なんかを味わえばいいものを、カロリーメイトで済ませてしまいましたし。相当風変わりな人間かもしれません。
函館山・千畳敷司令部跡

観光の法則
ごま 2006.05.09 01:48
 ぼくも旅行に行って、そこの名産とか気の利いたものを食べずにコンビニで済ませてしまったことがあります。なんてもったいないことを、と今では後悔しています。
 函館山、夜景を見ずに軍事施設だとは、やっぱり雑学マスターですね。ひとあじ違いますよ。じつはぼくも旅行に行くと、遺跡とか城跡とか神社とか、何か出そうなところに行っちゃうんです。人ごみが嫌だとか、お金がかからないという理由があるんですけどね。

< PREV  LIST  NEXT >

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society