0200 北海道ほぼ一周+1 2006年GW+秋
「たろうの雑学カフェ」TOP
0206:ここは昔は栄えていた…らしい
たろう 2006.05.22 01:36
 釧路から車で2時間。知床半島の少し南にある「野付半島」に到着しました。
 写真のとおりほとんど何もないところで、手付かずの自然…といった感じに見えますが、江戸時代の昔には国後島への交通の要所としてそれなりに栄えた場所だそうです。そのため、一見何もないような湿地帯から、江戸時代の遺物が結構発掘されたりもします。
 内陸部を走行中は非常に天気が良かったのですが、海側に出るとまた濃霧。そのため、15kmもないところに見える国後島も、霧が少し晴れたときにぼんやりと影が見える程度。そのかわり、なぜか国後島よりも遠い知床半島は良く見えました。ちなみに写真は、国後島を背中にして撮影しています。
 このあと、知床半島の付け根に位置する根北峠を通過し、オホーツク海沿岸を走行。日没後の暗闇+吹雪のため視界が非常に悪く「道路の上を走ってる」こと以外、地図上のどのあたりを走っているのかまったくわからない状態のドライブが数時間続きました。この日はできるだけ稚内に近づいておきたいと考えていたのですが、吹雪のため紋別市で挫折。200kmほど距離をロスしてしまいました。で、一夜を明かしたのが、先述の道の駅の駐車場
 一応、ノートパソコン+電源を持ち歩いていたので、夜はDVD鑑賞など、結構楽しめましたけどね。さすがに一晩中車の暖房をつけておかないと、寒かったです。後で分かったのですが、この日の晩は、この地方で15cmほどの積雪があったそうです。
野付半島の夕日

世界遺産の近く
ごま 2006.05.22 11:08
 知床半島は去年放送していたTBS系の「世界遺産」で見ましたよ。流氷がすごいですね。大自然バンザイです。
 その南の野付半島、トドワラ、ナラワラ、野付半島原生花園…そういえばもうすぐゴマフアザラシが見られますね…って、検索で今調べたんですが。

< PREV  LIST  NEXT >

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society