0300 横浜・鎌倉・東京 2006年6月末
「たろうの雑学カフェ」TOP
0301:旅の始まりは北斗星に乗って
たろう 2006.07.07 00:09
 ごまさん、4代目掲示板、いろいろとお疲れ様でした。
 今回の旅日記、行き先は…相変わらず関東地方です。いつもは行きも帰りも飛行機、というパターンが多いのですが、今回はちょっと趣向を変えてみて、行きだけ寝台特急にしてみました。今回乗車したのは、開業以来いまだ人気の高い「北斗星」。北海道から東京まで約16時間半の旅です(飛行機だと1時間半)。
 乗車してすぐにディナータイム。事前予約制で和食・洋食のどちらかを選択することができるのですが、今回は洋食のフルコースを予約。北海道の雄大な景色を楽しみながらの食事…のはずだったのですが、この日の北海道はあいにくの雨模様で景色はイマイチ。それでも食事は十分に楽しむことはできましたけどね。そのあとは車内を探検したり、パブタイム(コチラは予約不要)の食堂車でピザを食べたり、部屋に戻ってウェルカムドリンクの小樽ワインを飲みながら青函トンネルを鑑賞したり…といった感じで夜を過ごしました。
 写真は、食堂車「グランシャリオ」で撮影したアフターディナーの紅茶。一応列車内なので、ポイント通過とかで大きく揺れるとこぼしてしまいそうです。
北斗星・アフターディナー

掲示板荒らし、恐るべしです
ごま 2006.07.07 00:44
 今回の掲示板は、よく見たら返信できるみたいです。ポストから掲示板に直してから気づきました。
 寝台特急、いいですねえ。スキーとかディズニーランドで夜行バスなら乗ったことがあるんですけど、まったく眠れませんでした。寝台というだけあって、寝心地はいかがなものでしょう?16時間半というのはいい時間ですね。1時間半では寝台の意味がないですからね。
 ぼくは電車の中で食事をしたことがないですねえ。あ、学生の頃に近鉄の急行でお菓子を食べたことがありました。
 列車でワインを飲みながら青函トンネル鑑賞ですか。この写真が優雅な時間を表現していますね。
 …また行ったつもりになってます。

雑学カフェ、やっとリニューアル
たろう 2006.07.09 01:46
 > 寝台というだけあって、寝心地はいかがなものでしょう?
 …そうですね、やはりぐっすり眠れますよ。酒が入っていたせいかもしれませんが。
 写真は北斗星のA寝台個室「ロイヤル」。相変わらずPC持ち歩きですが、机のサイズはPCを置くには少し狭かったです。
 話は変わりますが、雑学カフェのリニューアル、とりあえず完了しました。内容は今のところ依然とあまり変化はありませんが、時間のあるときに覗いてやってください。やっぱり広告が邪魔です。早く何とかせねば…。
北斗星・A寝台ロイヤル

おめでとうございます!
ごま 2006.07.09 13:07
 たしかに狭い机は狭いけど、いいかんじの個室なんですね。ホテルの一室みたいです。
 リニューアル、お疲れ様でした!より落ち着いた雰囲気で、フォントも見やすくなりましたね。でも、広告はその雰囲気にあわせてくれないので、どうしても浮きますね。フリーのサーバーだとどうしても出ちゃうので、うちは有料にしています。

< PREV  LIST  NEXT >

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society