0300 横浜・鎌倉・東京 2006年6月末
「たろうの雑学カフェ」TOP
0305:和賀江島は光化学スモッグ注意報発令中!
たろう 2006.08.06 01:22
 先述の旧華頂宮邸を見学した(というより覗いた)あと、竹林で有名な「報国寺」に寄り道(旧華頂宮邸の近所)。そこから自転車で小町大路を海側へ突き進むことおよそ20分、鎌倉市と逗子市の境界近くにある、現存する日本最古の築港遺跡「和賀江島」へ到着しました。
 引き潮でもない限り姿を現すことはないそうですが、到着したときはちょうど干潮の時間。写真を見ると石ばかりの海岸に見えますが、実はこんな石が転がっているのはこの遺跡のところだけで、周辺はずっと砂浜。港を造ったときに運ばれてきた石だということはすぐに分かりますが、果たしてどこから運んできたものなんだろうということは今のところ謎だそうです。
 さらに、この日の鎌倉は光化学スモッグ注意報が発令されており、天気はとても良かったのですが、どうも空がかすんでしまい、向こうに見える江ノ島もぼんやりとしか見えません。青空をバックに撮ると良い絵になりそうなんですけどね。
和賀江島

こちらは猛暑です
ごま 2006.08.06 15:32
 行った時にちょうど干潮とは運がいいですね。石だけが残っている遺跡というのも、ロマンですなあ。

< PREV  LIST  NEXT >

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society