0300 横浜・鎌倉・東京 2006年6月末
「たろうの雑学カフェ」TOP
0316:残しておきたい昭和初期の面影
たろう 2006.10.11 23:11
 写真は第一生命館の数区画となりにある三信ビルの内部。1930(昭和5)年に建造されたオフィスビルで、外観は周囲のビルと比べると若干地味だけど、よく見るとなかなかおしゃれな感じ。ただ、老朽化のためすでに取り壊しが決定されているのが少し残念。ほとんどのテナントが、すでに撤退してしまっています。これも時代の流れかな。こういう建造物、私は大好きなんですけどね。
 ちなみに、写真左側にある「ニューワールドサービス」、東京で初めてソフトクリームを出した店でもあります。ハンバーガーはGHQのコック直伝の味とか。この店もビルと一緒になくなってしまうんだろうか。残念。
三信ビル・アーケード部分

見た目しっかりしてるのに
ごま 2006.10.13 00:35
 たろうさんの写真を見ていると、時々、ホントにそんなに古いの?というような建物ありますよね。しかもオシャレで味があるものが多いです。
 伝統のあるお店がなくなってしまうのは悲しいことです。何とか残せないものかなあ。

基礎がダメになっているとか
たろう 2006.10.13 01:28
 実はこのビルの内部、撮影禁止だったらしく、写真を撮りまくっていたら警備の人に注意されてしまいました…というオチがあります。警備の人に謝った後、その人と少し話をしたのですが、彼が言うには、どうやら基礎の部分がもうダメになっているらしく、このまま修復するにも経費がかかりすぎるので、やむなく取り壊すとのこと。私にお金さえあればビルごと買い占めて修理するのに…と思ってしまいました。個人的にそう思う建造物って、実はたくさんあるんですけどね。
 確かに今までにこちらのサイトに投稿したり、雑学カフェに掲載した写真を見ていると、ホントにそんなに古いの?という建物が結構ありますね。
 調べてみると、確かに戦前のものだったりするんですが、最近になって修復していたり、普段からの維持管理がしっかりされているものもあるようです。数年前に完成したばかりとの錯覚に陥ってしまうほどキレイなものもありますよ。
 というわけで、今回の写真は三信ビルの外観。わりと地味ですが、昭和初期のモダンな匂いが伝わってきそうで、私は好きです。
三信ビル・外観

今、蚊に刺されまくっています
ごま 2006.10.14 01:24
 基礎からダメだと厳しいかもしれませんね。今は耐震の問題もあるので、そのままはダメでしょうから。
 外から見ると…でも70年ものという感じでもないですよね。

< PREV  LIST  NEXT >

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society