0109.20世紀の世界の王朝
 20世紀初頭に約60ほどあった世界の王室は、20世紀末までに、全部で29にまで半減している。以下に挙げるのは、20世紀末時点で現存する王朝と20世紀中に消滅した王朝である。中には20世紀中に設立・消滅してしまったものもある。(国名・王朝名等は20世紀末現在のもの。場合によりそうではないものもある)

■20世紀末時点で現存する王朝

国家名 王朝名 現王朝創立年
イギリス ウィンザー朝 1901年
オランダ オランイェ・ナッサウ朝 1572年
リヒテンシュタイン リヒテンシュタイン朝 1719年
モナコ グリマルディ朝 1310年
スペイン ブルボン朝 1700年
ルクセンブルク ナッサウ・ヴァイブルク朝 1890年
ベルギー ザクセン・コーブルク朝 1831年
スウェーデン ベルナドット朝 1818年
ノルウェー グリュクスブルク朝 1905年
デンマーク グリュクスブルク朝 1863年
モロッコ アラウィー朝 1640年
スワジランド ンコシ・ドラミニ朝 1815年
レソト コエナ朝 1828年
アラブ首長国連邦 ナハヤン朝 1791年
オマーン ブー・サイド朝 1749年
ヨルダン ハシム朝 1921年
クウェート サバハ朝 1752年
サウディアラビア サウド朝 1932年
バハレーン ハリファ朝 1783年
カタール サーニ朝 1860年
日本 天皇家 不詳 ※1
ブルネイ ブルネイ朝 1405年
マレーシア 9州の世襲首長から5年ごとに選出 1957年
ネパール シャー朝 1769年
ブータン ワンチュク朝 1907年
タイ チャクリ朝 1782年
カンボジア カンボジア朝 1779年
サモア マリエトア・タヌマフィリ2世 ※2 1962年
トンガ トゥイ・カノクポル朝 1845年
※1 日本の天皇家の記録は、外国史料の年代で確認できる最古のもので413年
※2 初めタヌマフィリ2世とトゥプア・タマセセ・メアオレの2人だったが、メアオレ死去に伴いタヌマフィリ2世のみに。その後は大統領制に移行されると思われる

■20世紀に消滅した王朝

国家名 王朝名 消滅時の国王 王朝消滅年
ポルトガル ザクセン・コーブルグ朝 マヌエル3世 1910年
イタリア カリニャーノ朝 ウンベルト2世 1946年
オーストリア ハプスブルク・ロートリンゲン朝 カール1世 1918年
クロアチア ナチスの傀儡政権 ※3 アントニ 1943年
ハンガリー ハプスブルク・ロートリンゲン朝 カール4世 1918年
モンテネグロ ペトロヴィチ・ニェゴシュ朝 ミハイロ1世 1922年
セルビア
(ユーゴスラビア)
カラジョルジェヴィチ朝 ぺタール1世 1945年
ルーマニア ホーエンツォレルン・ジグマリンゲン朝 ミハイ 1947年
ブルガリア ザクセン・コーブルグ朝 シメオン2世 1946年
アルバニア ゾグー朝 ゾグー1世 1939年
ギリシア デンマーク王家 コンスタンティノス2世 1967年
ロシア ロマノフ朝 ニコライ2世 1918年
トルコ オスマン朝 アブデュルメジト2世 1924年
イラク ハーシム朝 ファイサル2世 1958年
イラン パフラヴィー朝 ムハンマド・レザー 1979年
アフガニスタン シャー朝 ザーヒル・シャー 1973年
イエメン カーシム朝 ムハンマド・アル・マンスール 1962年
ヒワ汗国
(ウズベキスタン)
シャイバニ朝 サイド・アブダッラ汗 1920年
ブハラ汗国
(ウズベキスタン)
マンギット朝 アミール・アリム汗 1920年
エジプト ムハンマド・アリー朝 ファルーク 1953年
リビア サヌーシー朝 ムハンマド・イドリース 1969年
チュニジア フサイン朝 ムハンマド8世 1957年
エチオピア 近代エチオピア ハイレ・セラシエ1世 1975年
中央アフリカ ボカサが皇帝を自称 シャン・ベデル・ボカサ 1979年
ウガンダ ブガンダ朝 ムテサ2世 1962年
ルワンダ ツチ・バニギニャ朝 キゲリ5世 1959年
ザンジバル
(タンザニア)
ブー・サイド朝 ジャムシード 1964年
ジャイプール
(インド)
ラジパット朝 マン・シン2世 1949年
シッキム
(インド)
ナムギャル朝 パルデン・トンダップ・ナムギャル 1975年
ラオス ルアン・プラバン朝 サヴァンヴァッサナ 1975年
ベトナム グエン(阮)朝 バオ・ダイ 1945年
中国 清朝 宣統帝溥儀 1912年
朝鮮半島 李朝 純宗・李王拓 1910年
※3 クロアチアのテロ組織「ウスタシャ」がナチス・ドイツの協力の下設立した傀儡国家

作成 2004.05.30/更新 2004.05.30
歴史
<0108  北海道雑学研究会TOP  0110>

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society