0015.ドンピシャ
沼五郎様 からの投稿雑学
 ドンピシャ!と言う言葉は「ドンピタ」が語源であるそうです。この言葉は元々、軍艦(航空母艦)に戦闘機が着陸する際ドンと着地して有る程度走らせ決められた位置でピタと戦闘機が止まると兵隊さんたちは「ドンピタ」だ!と言っていたものがいつの間にかドンピシャ!に変化したのだというのです。
 検証はしておりません。参考文献も有りません。テレビでタモリが言っていただけです。でも、全国に公共の電波を使って堂々と言うくらいですから私はアナガチ間違いとも思えません。


たろうの補足
 「ドンピシャ」の語源には、この他にも「大砲が『ドン』と発射されて、的に『ピシャ』っと命中する」ことからそうなったという説もある。この説や投稿いただいた説はいずれも俗説である。正しい由来については、相互リンク先の「語源由来辞典」様より回答をいただいている。

語源由来辞典様からの補足
 まず「ドンピシャ」は、「どんぴしゃり」が略された言葉ですね(「り」だけですが)。
 「どんぴしゃり」の「ぴしゃり」は擬態語で、「扉をぴしゃりと閉める」など、ぴったりの意味で使われているので、意味の関係は解ると思います。「どん」は「どん底」「どん詰まり」など、強調の意味で使われる「どん」です。
 「どん」は主に関西方言で使われる「ドアホ」などの「ど」が変化したもので、近世の上方ではののしりを強調するために使われていましたが、「ど真ん中」のように、ののしりの意味を持たない単なる強調の意味でも、「ど」は使われるようになりました。


…ご協力ありがとうございました(たろう)[語源由来辞典

投稿日 2004.11.15
<0014  投稿雑学TOP  0016>

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society