0020.散髪後の髪の毛の行方
♪ほんだばさ~のゲーボゲボ♪様 からの投稿雑学
 美容院で切られた髪の毛、その後どうしてると思います?人間の髪の毛は意外なところで利用されて居るんですよ。
「毛芯」というのをご存じですか?これは紳士服(スーツ・背広)の襟の芯には、他よりも硬い生地が入って居るけれども、その中身は、羊毛、綿、ポリエステルと一緒に人間の「髪の毛」が混ぜられている。
髪を電気分解するとシステインという物質が取り出せる。これは髪を傷めないパーマとしてシステイン・パーマの原料になる。
医薬にも利用されていて気道改善剤や肝臓薬に利用されている。
髪の毛はタンパク質で出来ているため、分解すると20種のアミノ酸になる。これは「うまみ」の素であり化学調味料やだしの素、麺類のつゆの素に使われている。

 …どうです!信じられないでしょう?でも本当なんです。投稿している私だって「ウソ!」と思うくらい驚きました。
[参考文献:光文社知惠の森文庫『今さら他人に聞けない疑問650』P217]

たろうの補足
人間の髪の毛は(薄くなっていなければ)10万本程度あるといわれている。規則正しい生活をしている人は午前10~11時ごろが一番伸びやすい時間帯である。1日あたりの髪の毛の抜ける量は、通常50~80本といわれている。髪の毛は「成長→退行→休止→脱毛」のサイクルを繰り返していて、約5年程度で新しい髪の毛に生えかわる。
京都の真宗大谷派本願寺(東本願寺)には、髪の毛でできた網が残されている。この寺院の建造の際、巨材の運搬に普通の網が役に立たず、女性信徒たちが献納した髪の毛で作られた毛網が利用された。

投稿日 2004.12.03
<0019  投稿雑学TOP  0021>

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society