0042.戦争犯罪人の分類
Hoshiyan様 からの投稿雑学
 Hoshiyanが疑問に思うのは、テレビのしたり顔したコメンテーターがA級戦犯・B級戦犯・C級戦犯の本当の定義を理解しているのかな、ということです。A級から順に罪が重いみたいなニュアンスで話していますが、あのA級、B級、C級は犯罪の分類なんですがねえ…。
■A級戦犯
 戦争を遂行した「平和に対する罪」国際法に規定がなかったために、事後的に作り出されたもの(本来、国際法は交戦権を認めている)
■B級戦犯
 戦争法規・慣例に違反した「(通常の)戦争犯罪」
■C級戦犯
 民間人に対する迫害を実行した「人道に対する罪」

たろうの補足
1946(昭和21)年1月22日、GHQは極東国際軍事裁判所条例を公布。同年4月29日A級戦犯28名に起訴状が手渡され、5月3日、極東国際軍事裁判所が開廷。最終的にはA級戦犯のうち7名が絞首刑、18名が禁固刑、1名が発狂免訴、2名が公判中に病死という結果となった。
B級・C級戦犯者に対する裁判は、捕虜や一般人の殺害・虐待・虐待致死を主な起訴事実とし、日本国内やかつての占領地で裁判が行われ、平凡社『世界大百科事典』によると、B級・C級戦犯者5163名のうち、927名が死刑判決を受けた。
しかし、上からの命令による行為でも実行者は責任を免れず、「上官の命令は陛下の命令」として、絶対服従を強いられた被告たちのなかには量刑不当の声も強かった。

投稿日 2006.08.24
<0041  投稿雑学TOP  0043>

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society