0073.上野駅
エクスプレス様 からの投稿雑学
 JR上野駅は特急発着のホームを除き全てのホームが「ベル」なんですが、その理由をご存知でしょうか?「東京の北の玄関」というだけあり地方からも多くの方がこの駅を利用します。そして、初めて都会の電車を利用するとき発車時に「メロディー」が流れて驚かないようにする為、現在でも「ベル」が使われていると言う訳です。しかし、今では地方でも主要の駅で「メロディー」を使用する所が増えてきています。

たろうの補足
上野駅のホームは1~22番線まである。ただし、18番線は1997(平成9)年の長野新幹線の開業に伴い、「あさま」「白山」など、信越方面への特急が廃止されたため、1999(平成11)年9月に廃止となっている。なお、19・20番線も同様の理由で廃止となったが、現在は地下の新幹線ホームの番号として利用されている。なお、16・17番線は現在でも群馬・茨城・仙台方面への特急用ホームとして利用されている。
発車ベル登場以前は笛や鐘を発車合図にしていたが、利用者数増加に伴いその方法では多くの乗客に発車を周知させることに困難が出てきたため、1912(明治45)年1月8日に日本で初めて発車ベルが上野駅に設置された。ちなみに「ベル」が「メロディー」に変更されたのは新宿駅と渋谷駅が最初で、1989(平成元)年3月のこと。

投稿日 2007.11.10
<0072  投稿雑学TOP  0074>

copyright (c) Hokkaido Zatsugaku Society