予想がはずれた?電気の流れはなぜマイナスからプラスなのか

 中学校の理科の授業で「電気はマイナス極からプラス極に流れる」と習ったのを覚えていますか?

 普通に考えるとプラスからマイナスへ…となるはずですが、なぜマイナスからプラスへ流れる、となっているのでしょう?



とりあえずこっち!と決めて見事ハズレた電気の流れ

 実はこれ、雷雨の中、凧を上げて、雷は電気であることを証明したベンジャミン・フランクリンのせい。

 彼は「電気は流れるもの」と考えていました。しかし当時、電気はどちら側からどちら側へ流れるか、調べる手段がありませんでした。

 そこでフランクリンは「とりあえずコッチ側!」と、勝手にプラス・マイナスを決めてしまいました。2ぶんの1の確率です。

 しかし、彼の予想は見事ハズれ、今でも「電気はマイナスからプラスに流れる」として通用しています。