ひとくち雑学

アメリカの電話番号で「555」から始まるものは、映画用の架空の番号。映画を見て、いたずら電話をされるのを防ぐために設定されている。

「奴隷」があいさつになった?「チャオ(Ciao)」

 「チャオ」というあいさつの表現があります。聞いたことがある方も多いと思います。

「チャオ」は気軽なあいさつ言葉

 この言葉はもともとイタリア語で、友だち同士で使われる「やあ!」という気軽なあいさつの表現で”Ciao!”と書きます。また「チャオチャオ!」と2度繰り返し、「またね!」という、別れのあいさつとして使われることもあります。

 さらに英会話でも、イタリア語と同じように、くだけたあいさつの表現として使われています。

「チャオ」の由来は「奴隷」?

 意外なことに、この言葉は「奴隷」という意味の「スキャーヴォ(schiavo)」というイタリア語が由来となっています。

 古い丁寧なあいさつの言葉に「あなたの奴隷=仰せの通りに」という意味の「スキャーヴォ・スオ(Schiavo suo.)」という言葉があります。

 ヴェネチア方言では「スチャーヴォ(sciavo)」とか「スチャオ(sciao)」といわれていて、20世紀の初めごろ、この言葉が「チャオ(ciao)」という簡単なあいさつとして広まり、友だち同士のあいさつの表現として、使われるようになったといわれています。

日本でも使われる「チャオ」

 ちなみに日本では、『ひょっこりひょうたん島』の「博士」が「チャオ!」を口癖とするキャラクターとして有名です。また、このあいさつを由来とした、小学館の少女向け漫画雑誌「ちゃお」があります。

投稿者プロフィール

たろう
元学習塾講師。
雑学と街歩きについての記事を、主に書いています。
YouTubeチャンネル「たろ散歩」もぜひご覧ください!