2002年10月 リニューアル前の東京ステーションホテルに泊ってみた

横浜をあとにし東京駅へ。

2002.10.30 撮影
2002年なので復原前の姿です!



やってきたのは東京駅構内にある東京ステーションホテル。

開業は東京駅開業の翌年の1915(大正4)年11月2日。関東大震災や空襲などの災難を経て現在に至ります。空襲の被害によって当初の3階建てから2階建てに変わり、長らく58室だった室数も2012年の復原改装後は150室まで増えました。今回の記事は2002年10月の時のものなので、復原前のホテルの内部を紹介します。


2002.10.30 撮影
丸の内南口改札。改札の上の窓の中が当時の東京ステーションホテル部分になります。


2002.10.30 撮影
当時宿泊した客室。宿泊したのは3階部分で窓の外は丸の内南口改札でした。


2002.10.30 撮影
宿泊した部屋からの眺め。誕生当時の姿に復原された今となっては見られない景色となってしまいました。


2002.10.31 撮影
改装前のフロントとフロントから各階へつながる階段です。当時は赤じゅうたんが敷き詰められた空間となっていました。


2002.10.30 撮影


2017.10.03 作成